東洋医学の視点で考える

生理(月経)のお悩み

当院にいらっしゃる患者さんで生理(月経)のお悩みが主訴の方はそこまで多くありません。
しかし、実際にお話を聞いてみるとかなりの長期間生理(月経)に対してお悩みを持ってる方が多数見受けられます。

生理(月経)痛

生理(月経)痛にやさしい鍼

生理(月経)痛は当たり前?

生理(月経)のお悩み、特に生理(月経)痛に関してはお悩みの方が非常に多い印象を受けます。 大前提として生理(月経)痛はない状態が正常な状態です。 当たり前だと思っているとお悩みとして意識しないようです。 テレビCMなどで生理(月経)痛が当たり前のように思っている方もいらっしゃるようですが、そんな事はありません。

痛み止めのリスク

生理(月経)痛があるのが当たり前だと思っていて、痛み止めを飲み続けていると子宮筋腫や子宮内膜症の早期発見の機会を逃してしまいます。 痛み止めは辛い症状を一時的に楽にしてくれるものですが痛みを抑えているだけです。 それだけリスクのあるものだという認識を持って使用する時には十分考慮して頂けると幸いです。

原因は必ずあります

生理(月経)痛に悩まされている方には信じられない話かも知れませんが「生理(月経)痛はほとんどない。」という方は一定数いらっしゃいます。 もちろん多少の不快感は出るようですが、薬に頼らざるを得ない程の「痛み」や「不快感」が出るのは何らかの原因があります。 それは、現代医学的な検査で出るものとは限りません。

PMS(月経前症候群)

PMSにやさしい鍼

PMSとは?

PMS(月経前症候群)とは、生理(月経)の一週間前くらいから「精神的に不安定」「イライラ」「頭痛」「むくみ」「胸の張り」が出てくる症状の事を言います。 こちらも生理(月経)痛と同様に生理(月経)前はこうなるのが当たり前と思っている方が多い印象です。

東洋医学的に考える

生理(月経)前は体に変動が起こるのでいつもと違うお体の状態になります。しかし不快や苦痛に感じるほどの変化は、お体の状態を見直す必要があると思います。 PMS(月経前症候群)特有の症状と考えずに出ている症状を五行に弁別すると東洋医学的には納得のいく事が多いのです。

生理(月経)前の体の変化

イライラする・頭痛が出るなら肝木経の変動が考えられます。むくみや胸の張りが強いのなら脾土経の変動が考えられます。肝と脾、どちらも血に深く関わっている臓です。血を必要とする生理(月経)の前に普段以上に肝と脾に負担がかかり釣り合いが取れなくなっているとPMSの症状が強く出るのではないでしょうか。

月一の憂鬱にやさしい鍼を

生理(月経)痛、PMS(月経前症候群)の他にも

  • 周期が安定しない(経早・経遅・経乱)
  • 経血量が多い・少ない

など様々な形でお悩みとして現れます。
当院で行うのは病名に対しての治療ではなく随証療法です。

随証療法について

他のお悩みと同様に生理(月経)のお悩みも同じです。
証を立てるのに生理(月経)の状態はとても重要になってきます。
それだけお体の変化が症状として現れやすいものになっています。
長らく生理(月経)に関してのお悩みをお持ちで、痛み止めを飲むことが前提の生活は病の早期発見の機会を逃す事に繋がります。
お体の状態がある程度整えば後はご自宅でお灸を使ったセルフケアで、調子を維持出来るように養生法を提案させて頂きます。

男の先生に生理(月経)の話をするのは抵抗があるという方もいらっしゃいます。
当院でなくても構いません。
お近くの女性の先生の鍼灸院にご相談してみて下さい。
生理(月経)のお悩みに、まずは鍼灸という選択肢をお持ち下さい。